ナンパは、本来はどれだけ孤独と向き合い、ひたむきに行動し続けることができるかにかかってきますが、時と場によってはコンビでやった方が効率が良い場合もあります。

そんな時に、手っ取り早くナンパ仲間を探し合えるのが「ナンパ仲間募集掲示板」です。

この「ナンパ仲間募集掲示板」には実に色んな人達がいまして、一概に「こういう人達に限っている」とは言い切ることができません。

ただ、ナンパ仲間募集掲示板には共通点があります。

第一に、皆さん割り切ったお付き合いをされていると感じます。その日その時間に、ちょうどナンパの活動がしたいから、誰かパートナーの穴埋めとしていないかな?的な感じで募集をかけたり、募集に応募したりされています。

そもそもが、穴埋めに過ぎないので、「これから仲間として一緒に頑張っていきましょうね!」というより、その日その日で割り切った感が強いです。

そんな割り切った考えを持った人達ばかりの中で、どの様な人と合流を図っていけば良いのかについてお伝えしていきます。

合流におすすめできない人

いきなりタメ口

募集をかけたりした時の文章、募集に応募してきた時のメール文章において、初対面にも関わらず、タメ口で乱暴な言葉遣いの方は残念な方が多いですね。

そういう人達のナンパというものは、女性に対しても軽率な言動が目立ちます。一緒に行動していても不愉快な思いをしますし、何より女性に対しても口の利き方なっていませんから、救いようがないですね。

短文な方

応募に際して、「合流しませんか?」など、名前も年齢も名乗らず、挨拶もしない、いきなり自分の要求をストレートに押し付けてくる方は、平気でバックレしたり遅刻したり、途中で勝手に帰ったりなどいい加減な方が多いです。

おまけに、協調性もないので、コンビとしての連携はうまくいきません。

この手の方は会ったとしても高い確率で割り切った付き合いとなります。

待ち合わせ時間がはっきりしない

「何時から来れますか?」と聞いた時に、明確に何時何分頃と言えない方は、大幅に遅刻する恐れもありますし、下手をすれば来ない可能性もあります。

時間に対して曖昧な返答の方は潔くスルーしましょう。時間を守れない人と付き合うと、ろくなことありません。

合流しても大丈夫な人

文章がしっかりしている

まず挨拶から入り、名前、年齢、軽い自己紹介があり、言葉遣いが敬語でしっかりした文章の方は、会っても期待外れになることは少ないです。

文章は、その人の人格をダイレクトに表すものですので、ここ部分の審査というのは重要になってきます。

合流で注意すること

時間厳守

相手のことを考えたら、やはり自分が時間を厳しく守らなければなりません。待ち合わせ時間に1分たりとも遅刻することのないように、余裕をもって待ち合わせ場所に集合しておきましょう。

自分が遅れることで、初対面の相手に対して悪い印象を与えてしまいます。もし遅刻してしまうと、何かポロッとミスをすると、相手は「やっぱり遅刻する人間だから駄目だな」と言いがかりをつけてきます。

お互いが初めて会う最初の1歩である待ち合わせで遅刻するこは許されないと思っておきましょう。

最悪一人になることを想定する

ぶっちゃけ見ず知らずの他人と合流するので、その時々において、どんな人が来るかなんて全く想像もつきません。当たり外れはつきもので、もしかしたら勝手に帰られるかもしれないし、勝手に見切りをつけられてしまうかもしれません。

一人になった時に相方に代わりはいないので、ソロでの即戦力が重要になってきます。コンビで行くような場所は、女性も二人組が多いでしょう。

逆三でガンガンとぶん回していく力量が必要になってきます。それを覚悟しておかないと、相手がダメになってしまった時に、困ってしまいますので、最悪は一人で戦う覚悟を予め持っておく必要はあります。

次回、合流しても大丈夫な人

結果はどうあれ終日、一緒に行動して頑張れた時に次回合流しても良いかどうかは最後に挨拶ができるかどうかです。

これは解散した後に、「今日はありがとうございました!」と文章は短くても良いので、挨拶をしてくれるかが重要です。挨拶をしてくれる人は、私の経験上、逃げも隠れもしない筋の通った人です。

最後の閉めの部分をどう出るかを見極めることで、今後、仲間として一緒にできるかどうかが決まると言っていいでしょう。

挨拶をすると言うことは、「少なかれ自分を認めている」或いは「受け入れている」証拠でもあります。

仮にこんな奴、二度と会いたくないわと思えば、挨拶メールはしないし、こちらが挨拶メールしても返信すらしてこないでしょう。

まとめ

合流はどんどんして頂いて、優秀な人材をどんどん増やしていきましょう。安定した仲間を増やしていくことで、自分のナンパ生活をより豊かにしていきます。

それは、あらゆる選択肢を増やしていくことになるでしょう。やはり、コンビにはコンビの良さがあり、コンビに最適な戦場というものは、いくつもあります。

その戦場で真っ当に戦っていける仲間を増やすことで、「今日はこいつ」「来週はあいつ」という具合に、選択肢を広めることで自由自在な動きができるようになります。